根岸みつひろ物語


~ 幼少時代 ~

1964年1月2日。4人兄弟の長男として、豊島区大塚の石川医院で生まれる。

「いつも笑顔でやさしい子だった」と母は語る。

植物が大好きで、いちごを育てたり、小学校ではチャボの飼育係だった。

幼い頃から、地域に住む人びとのために汗を流す両親の背中を見て育ってきた。

~ 学生時代 ~

幼い頃から、車や電車に乗るとすぐに酔ってしまうほど体が弱かったが、中学校に入学してから半年で克服!

見事、皆勤賞をもらうまでに元気な体になった。

元気になったことへの感謝を胸に、「世界で活躍できる人になりたい」と決意した。

~ 社会人時代 ~

高校・大学を卒業後、厨房機器メーカーに就職。20年間、営業マンとして日本全国のみならず、アジア、ヨーロッパなど世界中を飛び回って働いた。

まさに、「世界で活躍できる人になりたい」と決意した通りになった。

そして、熱心な仕事ぶりに周囲から厚い信頼が寄せられ、執行役員にまでなることができた。

社会で活躍する一方、幼い頃から見てきた両親の背中を見習うように、学校の部活動外部指導員を務めるなど、全力で地域のために汗を流してきた。

~ 議員時代 ~

2007年4月、豊島区議選に初出馬。多くの方々から真心の応援を頂き、見事に初当選を果たした。

以来、3期12年で重ねてきた区民相談は6000件。

雨の日も風の日も、困っている人の元に、すぐに駆け付けた。

一人の声を大切にして真摯に対応する中、住民に安心をもたらす実績を数多く作ってきた。(「実現しました!」のページに、ほんの一部を載せております)

また、保育園での紙オムツ回収事業など、全国をリードする政策も実現させてきた。

支えてくれている人たちのために。

大塚・西巣鴨地域、豊島区のために。

根岸は、人びとの暮らしを守るために、今日も元気に走り抜く。

~ プロフィール ~

根岸 光洋(ねぎし みつひろ)

◆昭和39年1月2日、豊島区生まれ。55歳。

◆池袋第二小学校卒。創価大学法学部卒

◆2007年、豊島区議選に初当選。区議3期で、現在は副議長を務める。

◆趣味・特技は映画鑑賞、バドミントン

MDSバドミントンクラブ代表、都立千早高校バドミントン部外部指導員(2004~08年)、巣鴨ジュニアバドミントンクラブコーチ

◆福祉住環境コーディネーター2級、ヘルパー2級、

◆都立北園高校PTA会長(2007年)、同第4学区連合会会長(2007年)

◆消防団、保護司、学校開放協力員、放課後子ども教室指導員

◆家族は、妻と2男1女、両親、犬、猫